記事


廃墟の聖地 化女沼レジャーランドを歩く

化女沼レジャーランド。
宮城県大崎市に1979年に開業したテーマパークである。

多くの人が訪れたものの、来園者の減少により2000年に閉鎖せざるをえなくなった。
しかし、社長の「化女沼を一大観光地に」という夢を叶えるために、園内は取り壊されず残されることに。

そして今、廃墟の聖地としてスポットライトを浴びることになる。

化女沼レジャーランド

全天球パノラマ撮影を主体にしたため、化女沼レジャーランドについての詳細を知りたい場合は他のサイトも併せて御覧下さい。

今回は、化女沼レジャーランドの廃墟見学バスツアーを利用し、仙台駅から出発しました。

仙台駅からバスで1時間。化女沼レジャーランドにたどり着く

化女沼レジャーランド

長者原スマートICにて高速道路を降り、しばらく走ると化女沼レジャーランド正面ゲートに到着しました。

化女沼レジャーランド

少しの、間林道を走ります。 園内は機械警備が行われており、当日も警備会社による巡回の様子が見られました。

化女沼レジャーランド

林道を抜けると、園内入り口と事務所が見えてきました。 敷地面積は4万5千坪(東京ドーム3.2個分!)もあり、高低差もあるため園内の移動は大変です。

化女沼レジャーランド

到着すると、オーナーと社長が出迎えてくれました。

社長は今年で86歳。
もともとサラリーマンとして県庁に勤めていたが、バブルの時代に七十七銀行から融資を受け、レジャーランドをオープンさせたそうだ。
最近の廃墟ブームで、取材の問い合わせが次から次へと来ているが、営業している時に来てくれれば良いのにと少し残念そう。
NHKが取材が来た時は、社長の健康の秘訣ということで寒風摩擦とダンスをやっているという事を話したところ、真っ裸で寒風摩擦をすることになり、そのシーンが全国放送されてしまったとか……

化女沼レジャーランド

事務所の反対側には、小型飛行機が展示されていました。 これはハリボテではなく、実際に飛んでいたものを利用しているということでした。(富士 FA-200)

化女沼レジャーランド

藪をかき分け近づいてみると、柵で囲まれていましたが、なんとか近づくことができました。 話を聞くところによると、空気圧で動くアトラクションとして利用されていたそうです。

化女沼レジャーランド

ゴルフ練習場事務所と、売店が並んでいます。中央に見えるたぬき風の物体には公衆電話が設置されていたようです。

化女沼レジャーランド

内部に入ると、廃墟らしい光景が広がっていました。こちらも  奥に見える出入り口から、ゴルフ練習場につながる道に出ることができます。

レジャーパークゴルフ練習場

化女沼レジャーランド

2階建てのゴルフ打ちっぱなし練習場です。2階からは、西側に観覧車を望むことができます。

化女沼レジャーランド

高い支柱が多くありますが、こちらは倒れたら危険なためか、メンテナンスされておりサビが少ない印象です。

化女沼レジャーランド

階段が二箇所に用意されていますが、自然による侵食を受けています。


化女沼レジャーパークゴルフ場 ゴルフ練習場

化女沼レジャーランド

化女沼パークホテル

化女沼レジャーランド

続いて、化女沼パークホテルにたどり着きました。 こちらは宿泊施設となっており、大浴場やバーがあります。

化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド

入ってすぐの場所が、メインフロア兼食堂となっていました。

化女沼レジャーランド

事務所は全く手がつけられておらず、16年前の雰囲気が色濃く残っています。

化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド

ある程度整備されているとはいえ、風通しが悪くカビていました。

化女沼レジャーランド

所々、天井が抜けていましたが多くは地震のため、壊れてしまったようです。

化女沼レジャーランド

最たる箇所が、フロアから階段を上ったバーの手前。 空が見えてしまっており、雨が隙間から降っていました。


化女沼パークホテル

化女沼レジャーランド

ホテル内には"メルヘン"というバーが設置されていました。 天井の絵は不死鳥でしょうか……? メニューはこちら。

化女沼レジャーランド

さらに進んでいきます。

化女沼レジャーランド

封鎖された勝手口

化女沼レジャーランド

貨物エレベーター

化女沼レジャーランド

大浴場前、休憩室のテレビ

化女沼レジャーランド

大浴場前、廊下

化女沼レジャーランド

男子大浴場 入り口

化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド

風呂場には、サウナとラドン温泉が備え付けられていました。まだ整備すれば使えそうな雰囲気が感じれれます。 閉園後の2003年にはホテル化女沼温泉として泉源を掘り当てましたが、ホテルからは若干離れており具体的な活用プランには至ってないようです。

化女沼レジャーランド

上の階のホテル客室に進みます。

化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド

客室内も、16年前から片付けられておらず、当時のまま残っています。

化女沼レジャーランド

よく見ると、消化栓表示灯が灯っており、電気がまだ通っていることが伺えます。

化女沼レジャーランド

さらに上に向かうと、屋上に出ることができます。

化女沼レジャーランド

天気が良ければ、化女沼が広がって見えたでしょう。

ゲートボール場

化女沼レジャーランド

ホテルの入り口の、道路を挟んですぐ反対側にゲートボール場への階段がありました。 しかし、この階段は金属製で腐食が進んでおり、踏み外す危険があります。一応別のルートから行けますが、藪となっておりそちらからのアクセスも厳しいです。


化女沼ゲートボール場

化女沼レジャーランド

こちらも、ゲートボール道具が放置されっぱなし。 元々、半屋外的な施設なので、少し整備するだけでゲートボールがプレイできそうです。 

化女沼レジャーランド

化女沼お姫館

さて、化女沼レジャーランド内に、唯一廃墟でない施設が存在します。 それが、この化女沼お姫館です。

化女沼レジャーランド

化女沼の照夜姫伝説と呼ばれる、長者の姫と旅人の悲恋物語を紹介する展示館です。 社長は毎日欠かさずこちらに訪れ、化女沼の安全を祈願しているそうです。

化女沼レジャーランド

館内は壁画や飾りが非常に豪華に作られており、ここだけ別の空間に感じました。


化女沼お姫館

化女沼レジャーランド

照夜姫像

化女沼レジャーランド

お姫館の前に放置された、古い自動販売機

観覧車と遊具

お姫館から北へ歩き、コテージ群を通り過ぎると、象徴的な観覧車が見えてきました。

化女沼レジャーランド

複数の遊具が今も、原型を保って残っていた。


化女沼レジャーランド メリーゴーランドと観覧車

化女沼レジャーランド

2009年には、映画『スープ・オペラ』の撮影が行われ、このメリーゴーランドが動くように改修されたようです。

化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド
化女沼レジャーランド

古めかしいサビた遊具が、複数設置されているノスタルジックな風景が広がっていました。

化女沼レジャーランド

園内は、清掃や最低限の整備がされているため、16年経った廃墟にしては綺麗に残っていました。 草が生い茂っていたので、次は冬に再訪問したいですね。


参考リンク

株式会社たびのレシピ 化女沼レジャーランド~トワイライト~
http://www.tabino.co.jp/modules/travel/index.php?lid=512

たびのレシピ Twitter
https://twitter.com/tabinorecipe

記事情報

探索日 2016_08_20
初出 2016_08_28